訃報は突然に…初めての仁川で半べそかきながら走った思い出

テレビ塔

朝、起きぬけにfacebookを見ると、よく一緒にお花見をしたり、飲み会に誘ってくれた夫の会社の同僚の記事が…

「・・・昨日、弟は息をひきとりました」という内容のお兄さんの代筆だった。

大手広告代理店に勤務していた彼は、最近話題の、まさに“ブラック”な働き方を続けていて、
痛風は絶対にストレスが原因!と身を持って力説していた。

昔、彼から「上海に蟹食べに行こうよ」と誘われ、各自マイルの特典航空券を使って行くことに。
彼と夫はJの方でしたが、私だけAの方だったため、行きと帰りの飛行機は私ひとり別になった。
しかも、帰りの方は直行便が取れず、仁川空港で乗換えになった。

上海には私が先に到着し、ひと足先にホテルへ。
無料のシャトルバスの路線を調べて、停留所のあたりで買い物などしてからホテルに戻り
ロビーでビールを飲んでいると2人がやってきた。

その後、3人で上海蟹を食べに行ったのだが、
お店の入口にはガラス張りの小部屋があって、中でせっせと蟹の身を取り出す“蟹むき職人”なる人が…。
その分、お金を払うのだが、お皿に盛られた蟹の身を一瞬で食べてしまうのはなんだか申し訳ない気持ちにもなった。

なぜか見知らぬ中国美人も同席して、その夜はたらふく上海蟹を堪能し、ホテルへ戻った。
後で面白半分に彼を問いただすと
「全然、そんな関係じゃないよ」と。
どんな関係…?それ以上追及はしなかったが、腑に落ちないまま、2日後帰国の途についた。

早朝、まだ人がまばらな上海の浦東空港に眠そうな3人の姿があった。
彼と夫が飛行機に乗るのを見送ったあと、ひとり残された私が乗る便は数時間後のアシアナ。
もともと仁川での乗換え時間が30分しかなく「大丈夫ですか?」と言われていたのだが、
さらに到着が遅れ、実質15分しかない状態に私は焦った。

初めての仁川空港でたくさんの免税店が並んでいる中を
後ろ髪を引かれながら、走って走って…「間に合わなかったらどうしよう!!!」

思わず、立入禁止の場所のロープをくぐろうとして係員にたしなめられた。
「だって、時間がないのっっ!乗り遅れたら責任とってくれるのっっ??」
日本語は分からないだろうが、殺気立っている気配で何かを感じたのか、
それともおののいたのか、搭乗口まで案内してくれた。
ありがとう…(笑)

何とか間に合って無事成田まで帰り着くことができた。
将来、仁川国際空港に関連する仕事に就く日が来るとは、微塵も予感していなかったが、
今でもあの半べそで走った時のことを思い出すと恥ずかしくなって笑ってしまう。

IMG_3303[1]








Comments 0

Leave a reply

Kindle ストア